NoContext

適当にメモ書きってかんじ

CPU高速化技術

・並列処理による高速化

主記憶にある命令を1つずつ順番に実行する処理方法=>逐次制御方式

 

パイプライン処理

=>命令実行サイクルを各段階ごとにわけ、独立させて実行し、

流れ作業的に、命令1にサイクルがおわる前に、つぎの命令2のサイクルの処理を始める方式をパイプライン処理という。

 

スーパパイプライン=>

パイプライン処理の各ステージをさらに細かく分割し、並列して実行

 

スーパースカラ=>

複数のパイプライン処理を行う回路を設けて

同時に複数命令を処理する方式

 

RISC =>

RISCは、内部構造を単純にしたCPU、命令実行時間が同じになる。

複雑な命令は基本的な組み合わせによって実行する。

 

CISC=>

CISCは複雑な命令を内部で実行できるようにしたCPU

多種多様な演算が可能。

命令ごとの実行時間が異なる。

パイプライン処理しても処理速度が変わらない。

 

 

 

(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成30年度 (Tettei Kouryaku JOHO SHORI)

(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成30年度 (Tettei Kouryaku JOHO SHORI)

 

 より引用